私たちの目的

私たちの目的は、高度技術を用いた、エネルギー媒体による不可視犯罪の法規制と廃絶です

現代社会最大のタブー「エレクトロニック・ハラスメント」の国による調査を要求します!!

**エレクトロニック・ハラスメントって何?**

エレクトロニック・ハラスメントとは、高度な電子技術を使用し、見えない遠隔から人体を攻撃し、また監視・追尾や、電子機器を攻撃する犯罪を言います。日本中・世界中に被害者がおり、この犯罪の解決と廃止を訴えています。(参考>「被害者証言」 「被害者団体」 「この犯罪を扱ったドキュメンタリ」

具体的には、電磁波や音波といったエネルギー媒体がエレクトロニック・ハラスメントに主に使用されています。電磁波は、携帯電話が部屋の中でも使用できるように、壁を透過できるのはご存知ですね。

そこで例えば電子レンジを改造してマイクロウェーブを外側に向けて照射できるようにすると、壁越しにも人体に悪影響を与えることができると考えられています。

 

一方で壁透過レーダーというものが存在し、電磁波を人体に当て、その反射波を受信するというレーダー技術により、壁の向こう側にいる人間の位置を測定することが可能です。

すると考えてみてください、部屋の中にいるあなたを、誰かがその部屋の外や別の部屋から位置を追尾、測定し、同時に攻撃することができるのです。

一方攻撃されたあなたは、どうしますか? 止めさせようと部屋の外に飛び出して、あなたがその犯罪者のいる場所と考える部屋に乗り込もうとしても、犯罪の証拠が全くないので、逆にあなたの方が家宅不法侵入で捕まってしまいますね。

でも実際のところあなたは、どこから攻撃されているかもわからないでしょうし、それどころか一体自分の体に何が起きているかすらも分からず、ただ苦しむだけかもしれません。

何故なら、あなたはそのような武器がこの世に存在するということをまず知らないのですから。

 

その攻撃で直ぐにあなたは銃で撃たれたように死ぬことはなく、ただ非常に気持ちが悪くなり、苦しく感じるだけかもしれません。苦しければ、そこから移動して逃げればいいでしょうか。

では、もしあなたが寝ようとしているときに攻撃されたらどうしますか?

あなたは寝る時どうしても動けませんよね。そして苦しく、時には痛く、その攻撃のためにあなたは眠ることができません。ベッドの位置をずらして眠ろうとしても、直ぐに追尾攻撃されてしまいます。

従ってあなたは「眠ることができない」のです。そのため仕事もできず、ふらふらになります。

そしてたったそれだけのことであなたの社会生活は「完全に崩壊」してしまいます。

 

**どんな被害があるのか?**

実際にエレクトロニック・ハラスメントにおける被害の第一位が睡眠妨害です。 (参考> 2014年NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク統計資料 )

そして、もちろん一晩中起きて攻撃している犯罪者も生活をもった人間ですから、これは当然雇われた人間による犯罪、つまり組織犯罪になります。

その哀れな被害者の生活を破壊するにはそれ程時間はかかりません。そして、ある人間の動きを封じ、生活を破壊する動機や必要のある組織からすれば、それは十分に採算の取れる犯罪です。

被害者は犯罪を証明することができないので、犯罪者にとっては決して捕まる心配のない安心の完全犯罪です。ですから、そのような大変便利な攻撃技術を持つ組織にとっては、その武器を使用しない方がかえって不自然ということにもなります。

例えば現在、こういった技術が軍事的に開発され、諜報機関、治安維持組織によって何十年もの間ステルス武器として使用されてきた、ということを告発している人もいます。(参考>「メディア」

上の例は、あくまでもエレクトロニック・ハラスメントのイメージの一例に過ぎずません。

実際には様々な遠隔武器による被害の形があり、被害者の受ける被害内容や、使用されていると考えられる技術、誰が、何故、どのように行っているのか、ということには様々なケースが考えられます。

 

**どんな種類のエレクトロニック・ハラスメントがあるのか?**

例えば音波も攻撃に使用できる媒体の一つであり、目に見えないことはもとより、低い周波数の音波は透過性が高く防ぐことが難しいと共に、人体に影響を与えることができます。

一方超音波は直進性があり、耳には聞こえないのですが、変調技術によって可聴音波信号を乗せたり、それを特定の人間に照射して聞かせる、という指向性音波武器も知られています。(参考>Wikipedia 音響兵器LRAD

 

電子機器に電磁波照射して誤作動を起こさせたり、テンペストといって電磁波の照射と反射によってPCのディスプレイなどから漏れる信号を解析して、ディスプレイの内容を再現する装置もしられており、電子機器に対する攻撃もエレクトロニック・ハラスメントの一面です。

電磁波の人体に対する影響は様々であり、それは人間の神経に作用して、痛み、皮膚痙攣、耳鳴りなどの聴覚や、視覚に対する作用も知られています。(参考>「犯罪技術・資料」)

人体内のある物質に固有の振動数を持つ周波数の電磁波を照射して共振現象により、あたかもその物質を外部から摂取したような反応をおこさせる軍事技術研究もあり、高度な電磁波操作技術によっては、さらに複雑な効果を得ることが可能であると考えられます。

従って一般人を対象にした、違法な人体実験というのもエレクトロニック・ハラスメントの一つの形であると考えられています。その違法人体実験の背後には、軍事技術開発の長く暗い歴史があります。

 

**一番の問題は? 証拠がとることができず、同時に社会のタブーであること**

ですので、火薬を使用した武器にも拳銃からミサイルに乗った爆弾まで幅広くあるように、その技術レベルから攻撃目的まで、エレクトロニック・ハラスメントは幅広い犯罪を含みます。

しかし、共通点は、一般の市民には、自分に対する攻撃の証拠をとることのできず、犯罪を証明できない、ということです。

これは不可視媒体による軍事レベルの技術の犯罪であるためという理由もありますし、弾痕のような形で攻撃の直接の跡が体に残らない、という理由もあります。

そしてもう一つの大きな理由は、この犯罪と技術の情報自体が社会から隠蔽されていることです。そのため誰からも一切理解と、助けを得られないのが被害者の悲劇的な現状であり、次にそれを説明します。

「被害者の置かれた状況」へ

Share Button